2018年10月22日

10/20 米ジャグラー稲刈り体験レポート

朝晩は肌寒さを感じるようになり、秋が深まる今日この頃。
前回の田植え体験イベントより5ヶ月が経ち…


米ジャグラープロジェクトの耕作地もこのような経過を辿り、皆さんが手で植えた苗は立派な稲穂に成長いたしました!

稲作もいよいよクライマックス! 収穫の始まりです!

まずは白石さん(地元農家の方)に鎌の使い方や、作業の流れをレクチャーしていただきました。
果たして無事に稲を刈り取ることができるのか!? ミッションスタートです!

いざ、稲刈り開始!


皆さん真剣に取り組んでいます!

稲刈り経験のある方曰く、「昔に比べて鎌の性能が上がっている」とのこと。機械化が進む中、昔ながらのアナログな道具も進化しているようですね。

今回も参加してくださった、ジャンバリ.TVのトメキチさん。
なかなかハードな作業だと、険しい表情が物語っています…!

それでもたくさん収穫してくださいました!
トメキチさん、今回もありがとうございました!

皆さんの精力的な働きにより、着々と稲穂が刈り取られていきます。
ある程度残ることが予想されていましたが、なんと…

ミッションコンプリート! 全て刈りきることができました!!

当日の天候は肌寒い小雨でしたが、皆さん汗だくになって頑張ってくださいました!

昼食はビュッフェ


稲刈り後は、ワンダーファーム(いわき市四倉町)へ移動し昼食を頂きました。

「森のキッチン」はワンダーファーム内にあるビュッフェ形式のレストランで、トマト料理を中心に、地元の新鮮な食材を使ったメニューが数多く楽しめます!
ヘルシーさもあり、ボリュームのある料理もあり、女性にも男性にもオススメのレストランです。

恒例のビンゴ大会


前回同様、帰りのバス内でビンゴ大会を開催しました。

見事1等の福島県のカタログギフトを引き当てた方、おめでとうございます!
その他にも福島県のこだわりの産品を取り揃えており、最後まで盛り上がる展開となりました!

イベントは大成功


こうして楽しく稲刈りを終えられたのも、皆様のお力添えあってのことです。

ご参加いただいた総勢47名の皆様、ありがとうございました!

収穫したお米は、年末頃に田植え及び稲刈りの参加者の皆様にお届けする予定です!
米ジャグラープロジェクトはこれで終わりではありません。
袋詰めにして皆様の元にお届けする過程もレポートしていきますので、今後の更新を楽しみにしていてくださいね!

【米ジャグラープロジェクト記事一覧はこちらから】

このページをシェアする

Twitter

関連記事

協力チャンネル